QLOOKアクセス解析

SSまとめサイト様

ハルヒ「女友達が欲しい」

  1. 2013/08/16(金) 12:00:39|
  2. ハルヒ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15 10:04:49 ID:+A8vHao30

キョン「女友達?朝比奈さんや長門や、鶴屋さんだっているじゃないか」

ハルヒ「でも、みくるちゃんと鶴屋さんは先輩だし」

キョン「今さら何を言うか。なら朝比奈さんをちゃん付けで呼ぶな」

ハルヒ「それとこれとは別なの!」

どこで区別しているんだこいつは。

ハルヒ「ユキだって全然喋ってくれないし」

キョン「長門か?あいつはああいうキャラだからな。でも話かければ案外返してくれるぞ?」

ハルヒ「ろくに返してくれないじゃない!」

キョン「それが長門なんだから仕方ないだろう。」

ハルヒ「兎に角!私はもっと身近な女友達と普通に過ごしたいのよ!わからないの!?」

キョン「全くわからない。」

ハルヒ「はぁ!?」



ハルヒ「フェラチオ一回百円よ!」

  1. 2013/08/05(月) 22:00:29|
  2. ハルヒ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04 13:25:29 ID:IeN3LqHP0

ハルヒ「部費の為に頑張るのよ、有希!」

長門「…ちゅぱ、ぺろっ」



キョン「朝倉頼む!マンスジをちんぽでなぞらせてくれ!」

  1. 2013/07/08(月) 18:00:23|
  2. ハルヒ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08 03:43:48 ID:PsJfz2QF0

キョン「頼む!」






長門「胸が徐々に大きくなってきている」

  1. 2013/06/21(金) 20:00:50|
  2. ハルヒ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21 04:35:20 ID:z/ni9B9z0

キョン「ん?」

長門「お尻も大きくなっている」

キョン「・・・俺の事か?」

長門「そう」

キョン「太ったって言いたいのか?」

みくる「いえ、なんか全体的にふっくらというか、丸みを帯びてきているような気がします」

キョン「太ったって事じゃないですか」

古泉「・・・声も高くなってきてませんか?」

キョン「え?」

長門「あなたの肉体は女性に変化していると思われる」

キョン「・・・女になってるって?」

長門「そう」

キョン「おいおい、そんなわけ・・・」

長門「理由はわからない、しかし原因は見当がつく」

キョン「・・・ハルヒか」




ハルヒ「くんくん・・・なんか匂うわね」

  1. 2013/06/20(木) 20:00:49|
  2. ハルヒ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ハルヒ「わかったわ、ノーパンになってやるわよ!」

  1. 2013/06/17(月) 00:00:00|
  2. ハルヒ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16 03:22:12 ID:ITrO8h170

ハルヒ「おりゃーーー!どう?」

みくる「涼宮さん・・・」

ハルヒ「次はみくるちゃんおっぱいだしなさい、ほら」

みくる「やめてください!あああ・・・」

ハルヒ「おっきいおっぱいね、ほら手で隠さないで」

長門「私は下半身裸になってみた」

ハルヒ「有希それはあまりにも大胆よ!」

長門「問題ない」

ハルヒ「・・・キョン、どう?」

キョン「ダメだ、まったく反応しない」

ハルヒ「・・・本当に女に興味ないの?」

キョン「そのようだ、中学の時に国木田と好奇心でフェラチオをし合った事が原因だと思うんだが」





ハルヒ「キョンのねちっこいセックスにドハマリした話」

  1. 2013/05/08(水) 00:00:26|
  2. ハルヒ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07 00:34:24 ID:EWON8rv20

〜放課後・SOS団部室〜

キョン「みんな帰ったな」

ハルヒ「……フン」

キョン「一応、カギはかけておこう」

ハルヒ「変態」

キョン「まだ何もしてないだろ」

ハルヒ「あたしも帰る」

キョン「おい、自分でした約束くらい守れよな」

ハルヒ「だって、あんなの」

キョン「やれやれ。お前がそれでいい、って言ったんじゃないか」

ハルヒ「……好きにすれば」

キョン「ああ、そうさせてもらうよ」

ハルヒ「……でも」

ハルヒ「今日あたしが、その」

キョン「ああ、いいとも。昨日と同じだ。お前がイかなかったらこの関係も今日で終わりにしよう」





古泉「朝比奈さんって…良いケツしてますよねぇ…」みくる「え…?」

  1. 2013/04/30(火) 00:00:43|
  2. ハルヒ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/29 10:48:39 ID:xRHM1XQdO

コンコン

「どうぞ」

みくる「こんにちは」

古泉「こんにちは朝比奈さん 今日もいい天気ですね」

みくる「ふふふ、そうですね」

古泉「そして相変わらず大きくて素敵なおっぱいですね」

みくる「え?」

古泉「ん?」



ハルヒ「このままじゃみくるちゃんが崖から落ちちゃう!」

  1. 2013/03/25(月) 12:00:02|
  2. ハルヒ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
みくる「ふええ〜〜!」

キョン「朝比奈さんなら今、俺の隣で寝ているが?」

  1. 2013/03/17(日) 18:00:15|
  2. ハルヒ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
キョン「うぅ……」

キョン(なんだ……何かいい匂いがするな……。馥郁たる香りがすぐ傍から……。俺の部屋に桜でも植えてあったか……?)

キョン「ん?」

朝比奈「すぅ……すぅ……」

キョン(そうかこれは夢だな。朝起きたら隣で美少女が寝ていたなんて、今時三流ラブコメでも使わないシチュエーションだ)

朝比奈「うぅん……うぅ……」

キョン(何分、これは夢だからな。このまま何もしないというのも男としては……。だが、夢だろうとだ。あの夢の朝比奈さんに下劣なことをしていいのか? 夢だから問題はないか)
次のページ