QLOOKアクセス解析

SSまとめサイト様

える「えいっ!えいっ!」里志「え…え…っ!」

  1. 2013/05/18(土) 20:00:20|
  2. 氷菓|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18 00:19:54 ID:VabHOEm10

里志「えるたそ〜…」

里志「あれ?僕は何を言っtえるたそ〜」

里志「あれ?」

える「ふふふ、洗脳完了です。」

里志「ちょっ、千反田さん?なnえるたそ〜」

える「すみません福部さん。折木さんを私の"モノ"にするための練習をさせてもらいました」

里志「え、千反田さ…ん…?」

里志「え、え、えるたそ〜、えるたそ〜」

える「自我は無くなりましたか」





入須「折木君、頼みがある」

  1. 2013/02/22(金) 18:00:28|
  2. 氷菓|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

場所は例の茶屋だった。

奉太郎「……突然呼びだしていったい今度は何を企んでるんですか?」

入須「ふふっ。私は君にそんな風に思われているのか。まだあのときのことを根に持っているのか?」

奉太郎「……そういうわけでは」

入須「折木君。これは君にしか頼めない」

奉太郎「それで、一体俺にどんな頼みが?」

入須「折木君」

入須「私と結婚を前提に付き合って欲しい」

千反田「文化祭にまつわるミステリーです」

  1. 2012/10/01(月) 21:00:51|
  2. 氷菓|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
※クドリャフカの順番のネタバレ注意





俺たちはカンヤ祭…いや、神山高校文化祭、で、文集200部を無事に売り切った。
文化祭終了後、俺たちは千反田の家で打ち上げをする事になった。まさか売り切る事ができるとは誰が予想しただろう。少なくとも俺は微塵も思っていなかった。
絶対に無理だと思っていた。
何とかなるもんだ。

文化祭開始当初は文集を纏めてシュレッダーに叩き込みたい衝動に襲われたけど。

入須「イメージチェンジをしたい」 える「分かりました」

  1. 2012/09/19(水) 17:00:58|
  2. 氷菓|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
える 「はい!」シャキン

入須 「何をする」

える 「どうですか?」

入須 「いや、どうですも何も何故前髪を切った?」

える 「はい!入須さんは前髪を短くされたらとてもかわいらしくなると思いましたので」

入須 「いや、私は外見を変えたいとは一言も言っていないのだが・・・」

える「生理がこないんです」折木「」

  1. 2012/09/18(火) 19:00:38|
  2. 氷菓|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
える「今月も来ないんです…」

摩耶花「えっ、どうしたの?ちーちゃん生理不順?」

折木「おっ、おいおい!そういうガールズトークは俺のいないところでしてくれないか」

摩耶花「何よ。折木いつもわたしたちの会話に入ってこないじゃない。聞いてないと思ってたわ」

える「……違います。折木さんがいるから話してるんです」

摩耶花「…… え っ ! ? 」

入須「ふふふ、えるには内緒だぞ」 奉太郎「…ごくり」

  1. 2012/09/17(月) 21:00:25|
  2. 氷菓|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
入須「そんなに身構えなくていい。私が全部やってやろう」

折木「で、ですが・・・」

入須「さ、そこに横になってくれ」

折木「・・・」スッ

入須「・・・では、始めるぞ」

える「の、農家もいいものですよ!」奉太郎「大変そうだ」

  1. 2012/09/14(金) 21:00:16|
  2. 氷菓|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

える「日々成長していく作物を見ると、疲れなんて飛んでいってしまいます!」

奉太郎「それはいいな…」

える「でしょう!いいものですよ!農家は!」

奉太郎「千反田は体力があるからな、俺には一生縁がない世界だろうな。はははっ」

える「…」

える「えるたそ〜って何ですか?私、気になります!」

  1. 2012/09/14(金) 17:00:39|
  2. 氷菓|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
奉太郎「えるたそー」

里志「えるたそ〜」

摩耶花「・・・・・・」

える「それは一体なんなのですか?」

摩耶花「・・・」グズッ