QLOOKアクセス解析

SSまとめサイト様

イアン「そういえば最近飲みに行っていないな」

  1. 2013/07/02(火) 18:00:47|
  2. 進撃の巨人|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01 23:10:05 ID:nKxVn25p0

イアン「久し振りに酒でもどうだ、ミタビ」

ミタビ「お前から誘ってくるなんて珍しいな」

イアン「たまにはな」

ミタビ「ああ、たまには悪くねぇ、だが奢りだぞ?」

イアン「もとよりそのつもりだ」

ミタビ「へへ、そうこなっくちゃな、精鋭さんよ!」

イアン「それはお前もだろう」

ミタビ「酒場だ酒場!」








3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01 23:15:55 ID:nKxVn25p0

・・・〜2時間後


ミタビ「あ、ねーちゃん冷酒おかわりね!」

ミタビ「でよぉ!そこで俺は素早く巨人のうなじをそぎ落とし!」

イアン「…避難する住民を守ったんだろう?」

イアン「5年前の話は聞き飽きたぞ」グビッ

ミタビ「あぁ、だがよぉ…自分が少しでも人類の役に立てた、とは思えたよ」

ミタビ「巨人の進攻をとめることはできなくても…」

ミタビ「人を守れた」グビッ

ミタビ「俺達は恵まれてる」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01 23:18:46 ID:nKxVn25p0

イアン「ああ、そうだな」

ミタビ「仲間の死に顔は忘れられるもんじゃねえ」

ミタビ「当たり前の話だ、食われて死ぬなんざ、怖くないわけがねぇんだ」

ミタビ「それでも戦って、死んでいった…」

イアン「ああ」

ミタビ「泣き叫んで無意味な命乞いをしても、その間には誰かが逃げおおせる」

イアン「ああ」

イアン「彼らは英雄だった」

ミタビ「俺達は、どうして生き残ったんだろうな」

イアン「どうしてだろうな…」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01 23:21:58 ID:nKxVn25p0

ミタビ「駐屯の精鋭だなんだって言ったって、所詮はそんなもんだ」

ミタビ「人より多少実戦経験があるだけで」

ミタビ「実力じゃ調査兵団の足元にもおよばねぇ」

イアン「…俺達は、生き残っただけだからな」

イアン「助けた命も、見捨てた命もある」

イアン「それが正しいのかどうかも分からん」

ミタビ「すまねぇな、しんみりさせちまってよ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01 23:27:00 ID:nKxVn25p0

イアン「いや…」グビッ

ミタビ「おう…」グビッ

イアン「だが、ピクシス指令はよく仰っている」

イアン「兵は死んだのではない、自分の命令で死なせたのだ、と」

ミタビ「決断ってやつだな」

イアン「ああ、だが…みなに死んでほしいと願ってのことではないだろう」

イアン「生き残ってほしいと思っていらっしゃるんだ」

イアン「だからこそ強く鼓舞し、戦争の現場を離れない」

ミタビ「だな…」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01 23:29:59 ID:nKxVn25p0

イアン「すまんな、余計にしんみりさせてしまった」

ミタビ「いいんだいいんだ、もうついでだ、へへ」

イアン「そうか…」

ミタビ「だけどよ…そうやって生き残ったって、領土奪還だなんだと死地に追いやられるんだ」

ミタビ「俺が必死こいてわめきながら救った命だって、どうなったことか」

イアン「ミタビ、それは言うな」

ミタビ「だけどよお」

○○「お酒の席の!歓談中に!申し訳ありません!」

○○「駐屯兵団精鋭部隊のイアン・ディートリッヒ班長!ミタビ・ヤルナッハ班長でしょうか!」

イアン「…ん?」

ミタビ「お?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01 23:48:06 ID:nKxVn25p0

イアン「ディートリッヒは私だが」

ミタビ「ヤルナッハは俺だ」

○○「は!自分は!104期訓練兵団所属!マルコ・ボットです!」

マルコ「酒場でお二人を探すように命じられたのですが…」

イアン「召集か?何かあったのか?」

ミタビ「はー!めんどくせぇなー!」

マルコ「いえ、それが…自分でもよくわからず…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01 23:53:01 ID:nKxVn25p0

ミタビ「探すよう言われただけなのか」

マルコ「メシでも食ってこい、と…」

イアン「よく分からんな」

ミタビ「だな」

マルコ「はい…」

ミタビ「まぁいいじゃねぇか!今日はディートリッヒ班長殿の奢りだ!座れ!」

イアン「全くお前は…君はそれでいいかな?ボット君といったか」

マルコ「喜んでご一緒します!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/01 23:58:29 ID:nKxVn25p0

ミタビ「あーあーもう!無礼講だ無礼講!“ミタビ”と“イアン”でいいぞ!」

イアン「おい、俺達は軍属だぞ」

マルコ「了解です!ミタビ班長!イアン班長!」

マルコ「自分の事は“マルコ”とお呼び下さい!」

イアン「結構ぐいぐいくるな…」

イアン「ミタビ、お前は軍隊の規律というものをだな」

ミタビ「あーあーまたはじまったよイアンのお小言が」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:03:55 ID:QaUQNqUx0

イアン「だが必要なものだ」

ミタビ「リコみたいにネチネチネチネチしやがって」

ミタビ「リコみたいに眉毛太くねぇのにネチネチネチネチしやがって」

ミタビ「リコみたいに胸もねぇのにネチネチネチネチしやがって」

イアン「仕方がないだろう、俺達の直属上官の小鹿ちゃんは規律にうるさ…あ」

ミタビ「小鹿ちゃんwww」

ミタビ「お前もそういうこと言うのなwww」

イアン「ぐっ…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:05:54 ID:QaUQNqUx0

ミタビ「お前は軍隊の規律というものをだなキリッ」

イアン「俺も酔いが回ったか…」

ミタビ「お前は軍隊のwww規律というものをだなwwwキリッwww」

イアン「マルコ君、好きなものを注文するといい、ミタビの奢りだ」

マルコ「はい!」

イアン「リコにはあとでミタビのセクハラ発言を伝えておく」

イアン「一度痛い目をみろ」

ミタビ「」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:09:18 ID:QaUQNqUx0

イアン「ところで君は訓練兵だそうだが、酒は飲める歳か?」

マルコ「いえ、自分は未成年ですので」

ミタビ「えー!いいじゃーん!もうここ規律ないじゃーん!誰かさんのせいでー!」

イアン「そうか、なら無理に勧められんな」

マルコ「申し訳ありません」

イアン「訓練はどうだ、きつくないか?」

マルコ「は!自分は、王にこの身を捧げ、お傍に仕えるために、日々汗を流しております」

マルコ「訓練がきついなどとは言っていられません」

ミタビ「無視して話進めるのやめてくれよぉぉぉん」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:12:09 ID:QaUQNqUx0

イアン「そうか…その様子では、充実しているようだな」

マルコ「は!仲間に恵まれております」

イアン「仲間、か…」

ミタビ「俺達の訓練兵時代とは背景も違うだろうからなぁ」

イアン「実際に巨人と戦うとは、想像すらしない者がほとんどだったからな」

ミタビ「そういう意味じゃあ訓練兵にして尊敬に値するぜ」

イアン「ああ、マルコ君はすごいな」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:14:56 ID:QaUQNqUx0

マルコ「ありがとうございます!しかし自分は…」

マルコ「実際に巨人の脅威を見て訓練兵に志願したわけではありません」

マルコ「自分はトロスト区出身です」

イアン「ほう」

ミタビ「トロスト区か…」

マルコ「ですので、自分が訓練に励めるのは、仲間のお陰です」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:17:24 ID:QaUQNqUx0

マルコ「不順な動機で憲兵団を望む者」

マルコ「食糧が確保できるから兵士になった者」

マルコ「身近な人間をみかえしたい者、世論に流されて入団した者」

マルコ「訓練の当初はそのようにバラバラでしたが…」

マルコ「巨人の脅威を知るイェーガー訓練兵のお陰で、我々の絆は深まりました」

マルコ「巨人を駆逐するのだと言って訓練に励む彼の姿は人の心に伝播します」

マルコ「取り組み方こそ違いますが、みな真面目に訓練に励んでおります」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:19:17 ID:QaUQNqUx0

イアン「巨人の脅威ということは…」

ミタビ「そいつは…」

マルコ「シガンシナ区の出身だと聞きました」

イアン「そうか…」

ミタビ「そりゃあ力の入り方も違うわな…」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:22:36 ID:QaUQNqUx0

マルコ「はい」

マルコ「でも彼の一番凄いところは…心が巨人に屈していないという点です」

マルコ「5年前の惨劇を目にした時から、彼はずっと戦い続けているのだと思います」

マルコ「そう、今も…」

イアン「イェーガーか…そうだな、そうだった」

イアン「だから俺達は命を、心臓を捧げられた」

ミタビ「ったくよぉ、あんな小便臭い小僧のためになぁ」

イアン「俺達にしてはよくやった方だと思うぞ?」グビッ

ミタビ「ああ、悪くねぇ、悪くねぇよな…」グビッ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:27:52 ID:QaUQNqUx0

イアン「…ここには少し長居してしまったな」

ミタビ「…酒が入ったら仕方ねぇだろうがよ」

マルコ「ははは」

イアン「ではそろそろ行くか」

ミタビ「おう、行くか」

マルコ「ご馳走様でした!お供します」

イアン「おっと、少し寄り道しよう」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:30:29 ID:QaUQNqUx0

・・・


イアン「ここからなら開閉扉がよく見えるはずだが…」

ミタビ「ああ、確認して塞がってないと成仏できる気がしねぇな」

マルコ「大丈夫です、精鋭班の皆さんも、エレンもミカサもアルミンも、ジャンも…」

マルコ「やり遂げました」

イアン「…確かに」

ミタビ「へ、ざまぁみやがれ巨人どもが」

イアン「これで安心して昇れるな」

ミタビ「小せぇ勝利だけどなぁ」

イアン「あぁ、だが…人類にとっては、大きな進撃となった」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:33:56 ID:QaUQNqUx0

こうして彼らは昇っていく。

トロスト区奪還作戦に投入され、戦死を遂げた兵士は数知れない。

泣き叫び死んでいった者も、人類の勝利を信じ死んでいった者も、

その一人一人が進撃の糧であったとして兵団の墓地に名が刻まれている。

これからも英雄の名は連なり続けるのだろう。

人類が、巨人に屈しない限り。


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:38:24 ID:QaUQNqUx0

ミタビ「…で、俺は囮になるため巨人に言ってやったのよ!」

ミタビ「そのくせぇケツに刃ぶち込んで殺すぞぉぉぉ!ってよぉ!」

イアン「ははは」

マルコ「あ、それ、同期のライナーも似たような事言ってたみたいですよ」

マルコ「巨人を倒すにはうなじを削ぐか、もしくは奴らのケツに刃をぶち込む!って」

マルコ「ちなみにライナーはホモです」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02 00:40:23 ID:QaUQNqUx0

ミタビ「ちょ!やめて!今まさに光が射し込んでるのに!」

ミタビ「ちょうど昇天しようとしてる時にそういう疑惑かけてくんのやめて!あっ」シュワアアア アッー!

イアン「全く最後まで、ははは」シュワアアアア

マルコ「はは…じゃあな、信じてるぞ…みんな…ジャン…」シュワアアア



・・・



ジャン「今…風が吹いたような気がしたが…」



お わ り







1000 : 忍法帖【Lv=40,xxxoo】 : 3019/18/4(木) 02:22:22.22 ID:vTp+XjIi
【男子限定】「死んでも嫁にしたくないキャラ」ランキング 3位「伊波まひる」2位「涼宮ハルヒ」1位に選ばれたのは・・・! ナルト17巻の145Pで抜く奴wwwwwwww完全にAUTOだろこれwwwwwwww (画像あり) 【バレ注意】新バギー一味のメンツすげぇwwwwwwwwwwww テレ東「ムシブギョー」が今回もエ□い件wwwwww (画像あり) バレ注意【ワンピース】ナミの成長が止まらない件wwwwwwww 一夏「逃げるセシリアの腰をつかんで中田氏するのがやめられない」 ToLOVEるってエ〇いだけで内容クッソつまんないんだけど 【ジョジョ】ラスボスの断末魔一覧wwwwwwwwwwww バレ注意【ワンピース】700話 ローがドフラ一味をやめた理由wwwwwww 【モバマス】アイドルに肩叩いて振り向いたところをほっぺツンツンするあれやりたいか語ろうぜ

アニメ・ゲームブログ様他pick up2                      SSブログ様pick up2

SSまとめサイト様

<<  アニ「美少女兵士アニちゃん参上!」  |  ホーム  |  八幡「戸塚をレイプしたい」  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する