QLOOKアクセス解析

SSまとめサイト様

春香「残り20分しかないよ、千早ちゃん!!」

  1. 2013/09/22(日) 18:00:07|
  2. アイドルマスター|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 00:36:14 ID:i8AekBgL0

春香「はやく、はやく!!」

千早「もうそんな時間になるのね」

千早「それより、もう薬は飲んだの? 春香」

春香「私は千早ちゃんがトイレに行っている間に飲んじゃったよ♪」

千早「…そう」

千早「こんなに日に限って…んっ」ゴク

千早「…ふぅ」

千早「二人して風邪気味だなんてね」




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 00:46:39 ID:xGfJ+7Xv0

春香「もしかして私たち、日頃の行いが悪かったのかな?」

千早「春香が季節外れの花火がしたいって言うからでしょ!」

春香「…千早ちゃん家のこたつ、あったかーい♪」のワの

千早「まったく、もう…」

春香「ほ、ほら、そんなことより千早ちゃん!」

春香「早くコントロール持って!」

春香「最期に一度でいいから千早ちゃんに勝ちたい春香さんの願いを叶えさせてよ!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 00:49:11 ID:xGfJ+7Xv0

千早「春香…まだ諦めてないの?」

春香「このままじゃ死んでも死にきれないよ!!」

千早「…残念だけど、私が家にひきこもっていた時、ただ部屋の片隅で膝を抱えて落ち込んでいただけだと思って?」

春香「ちょっとwww765プロのみんなが心配しているときに何やっていたの?ww」

千早「エジプトステージの黄金銃なんて目をつぶってでも取れるわよ?♪」

春香「自宅警備!?ww」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 00:50:49 ID:xGfJ+7Xv0

春香「…まさか、私が千早ちゃん家の玄関の前で必死に呼び掛けていた時も…」

千早「あの時は怒鳴っちゃって本当にごめんなさい…」

千早「軍用書庫ステージ(ハード)のタイムアタックが何回やってもクリアできなくて…」

春香「私の涙、返してよ!!ww」

春香「あの時ホント落ち込んだんだよ?ww」

千早「ステージはいつもの科学工場でいいわよね?」ニコ♪

春香「あーもう!ww」

千早「それじゃ、準備はいい? 時間がないからもう始めるわよ」

春香「どんと来い!!」

---------
------
---


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 00:52:07 ID:xGfJ+7Xv0

春香「ふえーん」

春香「なんでいつも私のスタート地点はトイレの通気口からなの?」

春香「この場所、下に降りるための出口が一つしかないし、武器も落ちてないし…」

春香「そして何より…」










千早「はるかー♪早く降りてらっしゃーい♪」ババババババン!!

春香「やっぱり、もう出口下の着地地点にいるよ…」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 00:54:36 ID:xGfJ+7Xv0

千早「大丈夫、きっと大丈夫よ はるかー♪」ババババババン!!

春香「下からRC-P90撃ちまくりながら大丈夫って言われてもww」

千早「春香ならこの窮地でもきっと乗り越えられるわ♪」ババババババン!!

春香「手刀のみの私にどーしろっていうの?ww」シュッ! シュッ!

千早「こう… 私の隙をついて首筋あたりにシュッ! シュッ!ってやればきっと戦えるわ♪」ババババババン!!

春香「…こんな満面の笑みをしている千早ちゃんを見ていると私、あの時に頑張ってよかったなって思うよ…」

千早「ふふふっ♪ありがとう春香♪」ババババ…カチッ! カチッ!

千早「あら?弾切れ」カチッ! カチッ!

千早「残念だわ。良いところだったのに…」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 00:57:00 ID:xGfJ+7Xv0

春香「リ、リボンの神様ありがとう!!」

春香「ふふふっ…」

春香「さーて、千早ちゃん。今度は私の番だよ♪」シュッ! シュッ!

春香「何度、重装備している千早ちゃんに手刀で特攻を仕掛けてきたことか!」シュッ! シュッ!

春香「この力技、ハルシュタイン閣下の手刀に怯えひれ伏せるがいいわ!」シュッ! シュッ!

千早「くっ…」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 00:57:56 ID:xGfJ+7Xv0

春香「今、そこへ降り立つから待っていなさい! ふふふっ…」シュッ! シュッ!

春香「とう!!」







…ポチッ!








モーションセンサー爆弾「やっほー」boom!!


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:01:32 ID:xGfJ+7Xv0

デッデレッデレッデーン!

春香「……え?」

千早「wwwwwwwwwwwwwwww」

千早「そういえば、着地地点にモーションセンサーを仕掛けておいたの忘れていたわ♪」テヘペロ☆

春香「」…プルプル


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:02:46 ID:xGfJ+7Xv0

春香「…」フー

春香「落ち着いて春香」スー

春香「クールに行くのよ」ハー

春香「これによって恐怖の閉鎖空間からデスルーラ出来たって考えるのよ…」スーーーー!

春香「…よし!!」

春香「気を取り直して、行くよ! 千早ちゃん!!」スタートボタンポチッ!
















???「無駄だ、お嬢ちゃん」boom!!


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:05:46 ID:xGfJ+7Xv0

デッデレッデレッデーン!

春香「あ、あれー?」のワの

春香「復活した瞬間にジョーズさんが天に召されたんだけど」

千早「…くっw」プルプル

千早「…きっとバグか何かでしょww」プルプル

春香「…」

春香「…そ、そうだよね!!」

春香「きっと何かの間違いだよねそうだよねそうですよきっと!!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:06:26 ID:xGfJ+7Xv0

春香「…」ゴクリ…


春香「…よし!」スタートボタンポチッ!














モーションセンサー爆弾「もう諦めたまえ」boom!!


デッデレッデレッデーン!

春香「ぎゃおおおおおおおおん!!」

千早「wwwwwwwwwww」

---------
------
---


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:07:18 ID:xGfJ+7Xv0

千早「……か!…るか!!」

春香「…はっ!!」

千早「!?」

千早「…もう、びっくりさせないでよね本当に」ホッ

千早「爆死し続けてる途中で急に倒れ込んじゃったから…」

春香「あまりの絶望さ故に思考が一瞬ショートしちゃったみたい…」ズーン


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:08:31 ID:xGfJ+7Xv0

春香「……」

春香「…ふふっ♪」

春香「心配掛けてごめんね」

春香「私はまだ、大丈夫だから」ニコ♪


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:10:12 ID:xGfJ+7Xv0

春香「それより千早ちゃん!!いま何時!?」

春香「もうカウントダウン始まっちゃってるかもよ!?」

千早「え?今は…」リモコン ポチッ!

TVレポーター『ブーブースタジオ前特別ステージ会場から生中継でお送りしております』

TVレポーター『さて、地球滅亡という世紀の大イベントまで残り15分を切りました』

TVレポーター『みなさん、いかがお過ごしでしょうか?』


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:11:58 ID:xGfJ+7Xv0

春香「…あれ?まだ5分しか経ってなかったの?」

春香「無限にも思える惨劇だったよ…」

千早「もう、春香ったら大げさなんだから」クスッ

春香「プレイヤーの復活地点を全て把握していて、更にその場所全てに爆弾仕掛けられていた私の身にもなってよ!」

春香「あれからずっとタイムリミットまで爆発し続けるジョーズの気持ちを考えたことあるの!?」

千早「ないわ♪」キッパリ

春香「くぅー!!やっぱり笑顔が可愛いなー!!ww」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:13:38 ID:xGfJ+7Xv0

TVレポーター『こちらでは先ほどから日頃、恥ずかしくて言えなかったあんな事やこんな事など、様々な主張を大きな声で発表をしております』

TVレポーター『それでは次のかたは…』


TVレポーター『沖縄出身の大人気トップアイドル…』

TVレポーター『765プロ所属の我那覇響さんです!どうぞ!』


デデーン!!

響『はいさーい!♪』



春香「ヴぇ!?」

千早「ふふっ♪我那覇さん、なにやっているのかしら」クスッ


29: >>21トイレ籠城は基本だぜ♪笑 2013/09/22 01:15:23 ID:xGfJ+7Xv0

TVレポーター『今日も元気いっぱいですね響ちゃん!』

響『自分、いつだって元気だぞ!』

TVレポーター『それでは、元気いっぱいの響ちゃん! 今日は何でも無礼講!!』

TVレポーター『いったい誰に何を伝えたいのでしょうか?』



響『えっと… それはその…/// ある人に告白したいことがあって///』

響『それは… えーと//』

響『…う、うがぁー!!』



響「や、やっぱり/// いざステージに立つと、は、恥ずかしい///』


31: >>21トイレ籠城は基本だぜ♪笑 2013/09/22 01:17:14 ID:xGfJ+7Xv0

おかまD『頑張るのよー!! 響ちゃん!!!』

いぬ美『バウワウ!!』

ハム象『ジュジュッ!』

俺『頑張れー!!!! ひびきーーーー!!!!』


響『…み、みんなー』グス


響『…よし!!』

響『…』スゥーーー!









響『たかねー!!大好きだぞー!!!』


春香「わっほいww」

千早「え!? もしかして、あの二人ってまだ付き合ってなかったの?」


33: >>30 ‥すまん、違うのだよ許しておくれ。。 2013/09/22 01:19:07 ID:xGfJ+7Xv0

響『自分のことからかって、怒った自分を軽くあしらう感じで頭を撫でてくる貴音が大好きだー!!!』

響『映画館で黙々とポップコーン食べちゃう貴音が大好きだー!!!』

響『自分が本当は、さびしがり屋なのを知っていて、泣きそうな時に優しく… だ、抱きしめてくれる…///』


響『そんな…』

響『貴音が大好きだーーーーーーーー!!!!!』


36: >>32 こらww 2013/09/22 01:20:44 ID:xGfJ+7Xv0

TVレポーター『これは!? 濃厚なひびたかの予感キタコレわっしょい!!♪』

TVレポーター『…って …おや?』

TVレポーター『何やらあちらから土煙をあげながらもの凄いスピードでこちらに近づいてくるものが…』



春香「貴音さんだね」ウンウン

千早「四条さんね。間違いないわ」ウンウン

春香「あっ!このみかん美味しい♪ やっぱり、こたつにはみかんだよね♪」

千早「そうね♪ お茶も身体に沁みるわ〜」ズズズ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:21:57 ID:xGfJ+7Xv0

貴音『響』ババーン!!

響『うわぁ!! た、貴音!? びっくりしたー』

響『今までどこにいたんだ!? すっごく探したんだぞ!!』

貴音『申し訳ございません』

貴音『ら〜めん二十朗で最期の至福の時を過ごしておりました』

貴音『向こうでも食べられるようにお持ち帰りセットも忘れずに購入しましたよ。ちゃんと響きの分もあります、はい』ニコ♪

響『あ、ありがとう貴音♪』

響(…向こうへ持っていけるのかなー。でも、貴音ならやりそうで怖いぞ…)



春香「わたしもお菓子、いっぱい持っていこうかなー♪」のワの

千早「柿の種もその中に入れといて」ズズズ

春香「お茶に合いそうだね♪」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:23:58 ID:xGfJ+7Xv0

貴音『それよりも響…』

響『ん?』ハテナ?

貴音『先ほどのあなたの主張、しかと心に受け止めました』

響『うぇ!?//』

響『あ// …うん/// あ、あれが今の自分の正直な気持ち、だぞ///』


貴音『…』

貴音『…響』

貴音『私も…』




貴音『あなたのことをずっと前からお慕い申し上げておりました//』


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:25:04 ID:xGfJ+7Xv0

響『…え?』

響『…ホント?』

貴音『真のことです♪』

響『ホントにホント!?』

貴音『このような偽り言、言うわけがありませんか』

響『…う、うがぁー///』

響『こ、こんなことなら/// もっと前から告白しておけばよかったぞ!! ///』ニコ♪



貴音『…』

貴音『…何をおっしゃいますか、響』

貴音『響と一緒に月見をしているときに私申し上げたじゃありませんか』


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:26:07 ID:xGfJ+7Xv0

貴音『響の見る月はとても綺麗ですねっと』

響『…え?』

響き『…あー 確かにあの時の月は綺麗だったよなー♪』

響『おっきくてまんまるなお月さまでさぁー♪』




春香「…貴音さん、響ちゃんにそんな遠回しに告白しても伝わらないって…」

千早「そうね…」ズズズ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:27:06 ID:xGfJ+7Xv0

貴音『…あなたは本当に、いけずです///』

貴音『これは少し…』


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:31:01 ID:xGfJ+7Xv0

響『え!? ちょ、ちょ、ちょっと!!』

響『たか‥ね///ちょ、ちょっとまっ・・て!! ・・あっ///』

貴音『ふふふっ♪』チュッチュッチュ

響『//////////////』




千早「ぶーーーーー!!!」

春香「・・う、うわぁ〜///お二人がすごいことになっちゃってるよ///」

千早「っけほ!!っけほ!!」

春香「ちょww千早ちゃん、大丈夫?ww」

千早「…あの二人は一体に何をしているのかしら///」

千早「ま、真昼間からお茶の間に放送できない状況になっているわね…」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:32:18 ID:xGfJ+7Xv0

響『んっ//あっ! //た、たかね…//』チュッチュッチュ

貴音『ひびき///』チュッチュッチュ

TVレポーター&俺『うわ〜!!!\(^o^)/ 生きていて、、よかっ(ry』


TV『…』


ピンポンパンポーン♪

TV『しばらくお待ち下さい』





春香「…」

千早「…」

千早「…春香、テレビのリモコン取ってくれる?」

春香「ヴぇ!?/// あ、えーと、はい!」

千早「…悪いわね」リモコン ポチッ!


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:33:27 ID:xGfJ+7Xv0

春香「…」

千早「…」

春香「…え、えーと///」

春香「そ、そういえば、昨日のサザエさんの最終回みた?千早ちゃん!」

千早「え!? …ええ/// もちろん観たわ」

春香「まさか、あんなどんでん返しがあるなんてびっくりしたよねww」

千早「そうね、まさかマスオさんにあんな過去があったなんてね」

春香「タマが喋りだしたときはこの世の終わりかと思っちゃったよ!」

千早「ええ、まさに今世界は終わろうとしているから間違いではないわ」クスッ

春香「…そっか! そうだよねww」

春香「それで途中で波平さんの髪の毛がぬ(ry」

---------
------
---


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:34:47 ID:xGfJ+7Xv0

春香「ドラえもんが最後、のび太くんのママとあんなことになっちゃうなんてww」

春香「もう、ホント可笑しかったねww」

千早「ええ♪」

春香「ふふふっ♪」

千早「…」

春香「あははははっ…っと」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:35:31 ID:xGfJ+7Xv0

千早「…」

春香「…」

春香「…ねぇ、千早ちゃん」

千早「…なーに?春香」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:36:52 ID:xGfJ+7Xv0

春香「……世界が」

春香「世界が終わるって分かっていても世の中、あまり変わらなかったね」

春香「みーんないつも通り」

春香「響ちゃんと貴音さんとの仲も周知の事実で今さらって感じだもんねww」

千早「…そうね」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:41:28 ID:xGfJ+7Xv0

千早「…」

千早「…今、生きている人達は」

千早「…死んだことのない人達だから」

千早「…死ぬことに現実感が持てないのよ、きっと」

千早「私だってたぶんそうよ、春香」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:43:33 ID:xGfJ+7Xv0

春香「…そっか」

春香「…そうだよね」

春香「私だって未だによくわからないもん」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:45:50 ID:xGfJ+7Xv0

春香「通学途中にいつもあいさつする駄菓子屋のおばあちゃんも、いつも通りやさしくって」

春香「いつも見かける猫は、塀の上でいつも通り、眠たそうにあくびをしていたよ」

春香「電車もバスも普通に走っていたし…」

春香「…そのおかけで今日も千早ちゃん家に来れたんだけれどもねw」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:46:36 ID:xGfJ+7Xv0

春香「……それにそれに!!」

春香「家を出る時もお母さんは『車には気をつけるのよ〜♪』だって言われてさww」

春香「ホント可笑しくってww」

千早「…」

春香「…」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:48:59 ID:xGfJ+7Xv0

春香「……明日も」

春香「世界は続くんじゃないかな、きっと…」

千早「…」

千早「…もしかしたら」

千早「世界中の人々たちが私たちのことを騙しているのかもしれないわね」クス

春香「…それで、実はドッキリだよ〜ん♪!!って亜美と真美が玄関からプレートを持って入ってきたりして」クス

春香「全人類が仕掛け人のドッキリなんて、なんだか楽しそうだね♪」

千早「もしそうだったら、後でプロデューサーにはきついお灸を据えないといけないわね♪」クス

春香「そうだね♪…ふふふっ♪」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:49:37 ID:xGfJ+7Xv0

春香「…」

春香「…私ね、千早ちゃん」

千早「…ん?」

春香「アイドルになって本当によかったなーって思うんだ」ニコ♪

春香「大好き歌を… 大好きなみんなと一緒にあんな大きなステージで歌えて…」

春香「…ほんっとうに楽しかった!♪」

千早「…」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:51:33 ID:xGfJ+7Xv0

春香「もちろん、トップアイドルなんて呼ばれるようになるまでいろんな事があったけれど…」

春香「みんなが一緒にいてくれたから、ここまで頑張って来られた」

千早「…ええ。765プロの団結力は誰にも負けないわ♪」

春香「あー、ほんっとうにみんなに出合えてよかったなー」

春香「…千早ちゃんと仲良くなれてほんっとうによかった…」ニコ♪

千早「春香…」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:52:32 ID:xGfJ+7Xv0

春香「…」

千早「…」

春香「…私、何だか」

春香「…少し眠くなって来ちゃったかな♪」

千早「!?」ビクッ

千早「…そう」

千早「…よかったら私の膝を貸してあげようかしら?」膝ポンポン

春香「え?いいの?やったー♪ 千早ちゃん、だーいすき♪」

---------
------
---


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:54:02 ID:xGfJ+7Xv0

千早「…」ナデナデ

春香「…」

千早「…春香」ナデナデ

春香「…なーに?千早ちゃん」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:56:58 ID:xGfJ+7Xv0

千早「…」

千早「私も…」

千早「765プロのみんなに…」

千早「そして…」

千早「春香に出会えて本当によかった」

春香「…うん」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 01:58:12 ID:xGfJ+7Xv0

千早「私が家にひきこもっていた時、さっきは冗談で誤魔化したけれども」

千早「…本当に辛かったわ」

千早「本気でアイドルを辞めようと思っていたし、消えてしまいたいって思っていたわ」

春香「…うん」

千早「けれども…」

千早「こんな私のために春香は、765プロのみんなはあんな素敵な歌を作ってくれて」

千早「最後まで私のことを… 信じて待っていてくれた」

千早「あのステージで私は初めて自分自身のために歌うことできたの」

千早「素直な気持ちで、私は歌が好きって言えるようになったわ」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 02:00:25 ID:xGfJ+7Xv0

春香「…うん」

千早「それなのに私は…」

千早「何も、してあげられていない…」

千早「今、世界が終わろうとしているこの瞬間ですら!!」

千早「……私は」グス

千早「…私は、あなたの頭を撫でていることだけしかできないの」グス


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 02:02:15 ID:xGfJ+7Xv0

千早「…」グス

春香「…」

春香「…そんな顔しちゃったら駄目だよ、千早ちゃん」クスッ

千早「…」グス

春香「…何もしてあげられてないなんてことないよ」

春香「だって今、私は、千早ちゃんに…」

春香「膝枕されて」

春香「頭ナデナデされてもらって」

春香「なんて世界一、しあわせものなんだろう」クスッ




春香「…」

春香「…そばにいてくれるだけで、しあわせだよ」

春香「…それだけで、いいの」ニコ♪


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 02:04:14 ID:xGfJ+7Xv0

千早「…」

千早「…そうね」グス …ニコ♪

千早「…私も」

千早「世界が終わろうとしているこの瞬間に」

千早「あなたを膝枕して」

千早「あなたの頭を撫でることができるなんて」

千早「宇宙一、幸せ者なんだわ、きっと」クスッ

春香「…ふふっ♪」クスッ

春香「…」

春香「……ちはやちゃん」

千早「……ん?」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 02:08:27 ID:xGfJ+7Xv0

千早「もう、春香ったら///」バシッ!




春香「…」





千早「…はるか?」


春香「…」


千早「…ねぇ、春香?」ポンポン


春香「…」




千早「……本当に、眠っているみたい」

千早「…私が立ち上がったら頭を打って『痛いよ〜千早ちゃん!』って言って…」

千早「目を、醒まさないかしら…」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 02:09:42 ID:xGfJ+7Xv0

千早「…」

千早「…くっ」グス

千早「…うぅ、、」グス

千早「…あーもう!私ったら!」グス

千早「見送る側になった人は笑顔で見届けるって春香と約束したのにッ!!」グス

千早「私は!」グス

千早「こんな!」グス

千早「酷い顔をしちゃってッ!!」グス

千早「…なのに」



千早「…この子はなんて、幸せそうな顔をしているのかしら」グス


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 02:11:04 ID:xGfJ+7Xv0

千早「…」

千早「これじゃ…」グス

千早「向こうで春香にまた心配させてしまうわね、私」…ニコ♪

千早「…」

千早「…春香」ナデナデ




千早「私も、大好きよ」ナデナデ


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 02:13:16 ID:xGfJ+7Xv0

千早「…」

千早「…私も、薬が効いてきたみたい」

千早「…それに、もうそろそろ、例の時間のはず」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 02:16:19 ID:xGfJ+7Xv0

…ゴゴゴゴゴゴゴ!!


千早「…凄い揺れね」

千早「そして、夕方でも無いのに空があんなにも赤いだなんて」

千早「…」

千早「…でも」

千早「…なんて、美しいのかしら」



千早「そう思えるのも、きっと」ナデナデ

千早「あなたのおかげよきっと …春香」ニコ♪


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 02:17:21 ID:xGfJ+7Xv0

千早「…今度、対戦するときには少しは勝たせてあげようかしら」クスッ

千早「…はるか」

春香「…」

千早「…」ナデナデ

春香「…」

千早「…」チュッ


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22 02:18:03 ID:xGfJ+7Xv0

…おやすみなさい ニコ♪





1000 : 忍法帖【Lv=40,xxxoo】 : 3019/18/4(木) 02:22:22.22 ID:vTp+XjIi
【男子限定】「死んでも嫁にしたくないキャラ」ランキング 3位「伊波まひる」2位「涼宮ハルヒ」1位に選ばれたのは・・・! ナルト17巻の145Pで抜く奴wwwwwwww完全にAUTOだろこれwwwwwwww (画像あり) 【バレ注意】新バギー一味のメンツすげぇwwwwwwwwwwww テレ東「ムシブギョー」が今回もエ□い件wwwwww (画像あり) バレ注意【ワンピース】ナミの成長が止まらない件wwwwwwww 一夏「逃げるセシリアの腰をつかんで中田氏するのがやめられない」 ToLOVEるってエ〇いだけで内容クッソつまんないんだけど 【ジョジョ】ラスボスの断末魔一覧wwwwwwwwwwww バレ注意【ワンピース】700話 ローがドフラ一味をやめた理由wwwwwww 【モバマス】アイドルに肩叩いて振り向いたところをほっぺツンツンするあれやりたいか語ろうぜ

アニメ・ゲームブログ様他pick up2                      SSブログ様pick up2

SSまとめサイト様

<<  坂本「部屋割りを発表する」バルクホルン(ミヤフジ…ミヤフジ…ミヤフジ…)  |  ホーム  |  える「さて、今日も職安に行きますか・・・」  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する